照明の取り付け

ライティング辞典

照明の取り付け

照明の取り付けと言えば、天井のシーリングライトが代表でしょう。
天井からの照明を付けたり、付け替える場合2種類のタイプに分かれます。
直結タイプと引っ掛けシーリングタイプです。
それぞれ接続の仕方が違います。

直結タイプは専門業者による取り付けが必要となります。
引っ掛けシーリングタイプは、使っている照明を変えたい場合や、ダクトレールが付いている場合に使うことができます。
引っ掛けシーリングタイプによる照明器具の取り付けが、今では一般的になっているようです。
部屋全体の照明取り付けプランを考える際には、部屋の用途に合わせた照明を取り付けることが重要です。

照明器具も取り付けタイプと置くタイプに分かれていますから、どのような照明を配置するかによって、取り付ける方法も変わるでしょう。
直接ネジ等を使って取り付けることをするのか、そうでないのかによっても違ってきます。
特に賃貸マンションやアパートの場合は、取り付け方に注意が必要です。
置き型のスタンドランプやクリップランプを使うことで部屋の雰囲気を照明によって変えることをお薦めします。

最終更新日:2017/4/11