照明による印象の違い

ライティング辞典

照明による印象の違い

インテリア照明を使った光の組み合わせを変えるだけで、部屋の印象をガラッと変えることができます。
一般的には天井からの光が、一部屋にひとつという組み合わせになっていますが、直接的な光だけで部屋の雰囲気を変えることは難しいでしょう。

多くのインテリア照明を利用して、部屋の雰囲気を変えるだけで、リラックスタイムを演出することができます。
蛍光灯の照明から白熱電球の照明に変えることで、部屋に置かれた家具や小物も違った雰囲気を出すことになるでしょう。

間接照明を多用することによって、部屋の広さや高さも違うように感じることもできます。
インテリア照明は日常的な空間から違う空間に、変化させてくれる道具になるでしょう。
柔らかな光を演出できる紙の素材を使ったランプや布製のシェードをもったランプなど、光を通す素材の違いそれだけで、十分いつもと違う雰囲気を出してくれることでしょう。
見慣れた家具や雑貨も光の変化で、違う姿を現してくれることもできます。

照明を使ったインテリアを考えてみることは、生活空間を変化させることになるでしょう。

recommend

大阪で口コミや評判がいい全身脱毛サロン5つを厳選比較!

2017/8/18 更新